Homeスポンサー広告雑記>口蹄疫の事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫の事

2010.05.19 Wed

やっとやっとTOPニュースで取り上げられるようになった『口蹄疫』
風評被害がぁ~と言って報道規制した大臣さんがいますが
そんな事よりも被害を最小限にとどめる事が大事でしょ!?
と、相変わらずな無能政府に毎日イライラしております。
(責任の押し付け合いは今やる事じゃないでしょッ!!!/怒)

口蹄疫について拡散お願いしますの日記を見つけたので
私も微力ながら協力させて頂きます!
※一部、mixiへのリンクがありますので登録されていない方は見れません。


---ここから---

***


4月下旬にニュースに登場してから,報道から遠ざかっている口蹄疫。


口蹄疫ってなに?
人間にうつるの?
肉や牛乳は流通しているの?たべても大丈夫?

この日記は,口蹄疫についての正しい情報を発信し,風評被害を最小限に抑えるために公開しています。


2010年4月20日,宮崎県で牛数頭が口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いがあると発表されました。

その後,これらの牛が口蹄疫に感染していたことが確認されました。

感染が確認された牛,および同じ牛舎で飼育されていた牛は,速やかに殺処分されましたが,
4月27日には,牛よりもウイルスの増殖しやすい豚での感染が確認され,
5月16日までに感染の発覚した牧場は累計126例。
114,177頭もの牛,豚,水牛の殺処分が決定され,すでに約50,000頭が殺処分されました。
感染は未だ収束する兆しを見せていません。


口蹄疫は法定伝染病(法律で対応が細かく定められた伝染病)であり,発生時の対応はすべて,法律に基づいて行われます。

口蹄疫は口蹄疫ウイルスによって起こります。
口蹄疫ウイルスが偶蹄類(ひづめが偶数ある動物、牛・豚など)に感染すると、口や蹄に水ぶくれを作ります。この水ぶくれがやぶれると赤むけになります。
そのため、感染した動物は食欲がなくなり、家畜としての価値がなくなります。
治療法はありません。


口蹄疫ウイルスは非常に伝播力が強く、接触や風に乗っても感染が拡大します。
感染の拡大を防ぐために、感染が確認された動物だけでなく、一緒に飼育されていた動物も殺処分されます。
また,感染が確認された地域では移動規制が敷かれます。
16日現在の殺処分対象は約8万5千頭に留まっていますが,過去に口蹄疫の大規模な発生があった台湾(1997年、500万頭弱のブタを殺処分)やイギリス(2001年、600万頭以上の家畜を殺処分)では感染の拡大によってより多くの家畜が殺処分されました。

感染が確認された動物や疑われる動物は速やかに殺処分されるため、感染動物の肉や牛乳が市場に流通することはありませんが,万が一それらを摂取しても,人間に感染することありません。つまり,人の健康には何も問題ありません。

今回、口蹄疫が発生した宮崎県は、畜産業の盛んな地域であり、今回の発生による損害は相当なものになります。
もし、わたしたち国民が本来安全である牛肉や牛乳を危ないと考え、消費を止めると、日本の畜産業は殺処分に加えて,さらなる大打撃を受けるでしょう。

この文章を読んでいただいている皆さんにお願いしたいのは、正しい知識を共有していただくことです。

2000年に宮崎と北海道で口蹄疫が発生した際には、風評被害により、たくさんの農家の方が損害を被りました。

二度と同じ過ちをしないために、正しい情報を広めませんか?

ちなみに、最新情報はこちらからご覧になれます。

・「宮崎県HP」では,最新の情報や対策がご覧になれます。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html
・「農林水産省HP」では,最新の情報や対策がご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

*注意*
宮崎県や農林水産省では現在,口蹄疫の対応に追われています。
むやみに問い合わせをしないよう,よろしくお願いします。
寄付などの問い合わせについては,以下コミュニティーや動画からご覧になれます。

・mixiコミュニティー「口蹄疫」では,現地の声が聞けます。
http://mixi.jp/view_community.pl?guid=ON&id=4993025

・youtubeで宮崎への寄付金を希望される方への動画が配信されています。(ふるさと宮崎寄付金によるもの)
http://www.youtube.com/watch?v=yw3eBMLvKFE

・「口蹄疫発生マップ」では現在の発生地域が確認できます
http://maps.google.co.jp/maps/ms?cd=2&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=103101097783275073929.000485d8ff7f0abb64dbf
*注意*
現在、現場の方々の懸命な対策のおかげで、感染は一部地域のみでとどまっています。
むやみに現地に行かないよう、お願いいたします。


最後に,皆さんにお願いしたいことがあります。
・口蹄疫に関する間違った噂に流されないでください。
・感染した畜産物が流通することはありませんので,今まで通り,牛乳や肉を買ってください。
こうすることが,現地の方々の励みになればと思います。


もしよろしければ、この文面をそのまま、皆さんの日記に転載して頂きたいと思います。

また、他の日記でも口蹄疫について扱っております。
ぜひお目通しください。
【口蹄疫】消費者の皆様へ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1485720154&owner_id=17442724
【口蹄疫】図表から見る被害状況
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1488711907&owner_id=17442724

---ここまで---


東国原知事さんは本当に頑張られていると思います。
感染確認されてから1ヶ月たちますがワクチンが不足している状況で
宮崎県外での発症がないのはそれだけ現場の方が尽力されている結果だと思います!


コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。