Homeスポンサー広告雑記>マンガ展と熊本城と口内炎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ展と熊本城と口内炎

2009.06.14 Sun

リリハリとは関係ないプチ観光雑記です。
昨日、13日に熊本へ遊びに行ってきました。
目的は『井上雄彦 最後のマンガ展』
バガボンドがすっごーく好き!!!というワケではないのだけど
友人からのお誘いで行ってみたのです。

井上雄彦 最後のマンガ展

いやぁ~、観れて良かったv
最初は「へぇぇ~」って感じだったのに最後は作品の中に入っているような感覚というか
演出も面白かったです。
来年、仙台と大阪での公開もあるみたいなのでお近くの方は是非にv


以下、無駄に長くなりそうなのでタタミます。



実は中に入るのは初めてな『熊本城』
ヲタだけど歴女じゃないので、歴史は全然分からな~い(爆)
戦○BAS○RAプレイしたけどね…
「天守閣は倉庫だよ」って聞いてビックリしてみたり…あははは;


o090613-9.jpg

『瀬戸口門』から入ってみました。

o090613-3.jpg

天守閣は最後のメインって事でまずは櫓群から。
・・・個人的に石垣の下から見たほうが楽しいかなと。

『二様の石垣』

o090613-5.jpg

築かれた年代が古い方(右側)が傾斜が緩やかになってるんです。
この先、天守閣が見えてきますよ~。

o090613-6.jpg

一般公開されてた『飯田丸五階櫓』の中

o090613-8.jpg

他のお客さんがいなかったので
管理のおじさんに色々お話聞かせて貰いましたv(天守閣の事もおじさんが教えてくれたんです/笑)
あと、こっそり隠し扉(っていうのかな?)みたいになっている本来の入口を見せて貰ったりv
造りがめちゃくちゃ面白い~~ッ!!!

そうそう、復元の際に大工さんのイタズラが・・・

o090613-7.jpg

梁にフクロウが彫られてます(探してみてくださいね~v)
これは、工事中にたくさんいたフクロウが居なくなってしまったからって事で彫ったんだそうです。
こういうの好きだなぁ~。

そろそろメインの本丸御殿と天守閣。
本丸の大広間、手前から「梅之間」「櫻之間」「桐之間」「若松之間」

o090613-11.jpg

煌びやかな『昭君之間』

o090613-12.jpg

天井も凄いですよ・・・

o090613-13.jpg

最後は『天守閣』

o090613-14.jpg

天守閣の中は「一口城主」のお名前がいっぱい
(一万円以上寄付された方はお名前が掲示されるそうです)

o090613-15.jpg

最上階では、忍者さんをガン見してましたが何か?
↑一緒にお写真撮ってもらったし(笑)

かる~く見るつもりがついつい夢中になって軽く3時間ほど・・・
水前寺成趣園とか熊本県伝統工芸館も見て回ろうと思ったのに
時間足らなかったよ。


余談だけど、
この日食べたご飯がちょっぴり塩辛かったので口内炎作って帰宅しちゃいました(汗)

o090613-2.jpg
お昼に食べた太平燕のセット

o090613-16.jpg
夜に食べた太肉麺

コメント

*

なんか食欲凄くね!!(笑)
俺も熊本城って独身の頃行ったことがあるような?
・・ってことは25年前!!
この記事、お城好きのobasanに紹介させて下さい。きっと喜びますから!

*こんにちは。

はじめまして。
お城好きのobasanです(笑)
Naoさんから 教えていただいて
読ませていただきました。

さすが 熊本城!
素晴らしいですね~。
いつかは 遊びに行こうと思っているのですが、
見学に3時間ですか??
・・・・足と相談してから決めます(笑)

素敵なお城の数々の写真
楽しませていただきました。
ありがとうございました。

*

>Naoさん
え~?そんな事ないですよぉーーッ!!!
いっぱい歩いたから消費されてますッ(笑)
復元されてすっごくキレイになってましたよ~v
そうそう、お写真撮っていないのだけどいっぱいワンに出会いましたよ
地元の方のお散歩コースみたい

*

>みるきぃさん
ご訪問&コメントありがとうございますv
素人のコンデジ写真なので、お恥ずかしい限りなのですが少しでも楽しんで頂けたら嬉しいですvV

いやいや、3時間も掛かってしまったのは無計画にアッチ行きコッチ行きしたからで
実際はそんなに時間掛からないと思いますよ~。
無駄にウロウロしたのに“頬当御門”をスルーしちゃって今頃後悔・・・(泣)
まだまだ復元工事の予定があるらしいので(管理のおじさん情報)さらに立派なお城になりそうですね。

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。